個人年金保険は相談センターでFPに相談してからのほうがいい

標準

自分の試算運用方法にはいくつも方法がありますね。 証券、保険、銀行などの預金、外貨で増やす、株に手を出す、箪笥にためるなど、自分達で好きな商品を選べる時代です。 その代わりにリスクも勿論自分達で負うので、何でもやれるからと言って無計画に手を出すのはやめるべきでしょう。

投資や資産運用は、あくまでも余裕のあるお金ですることが基本です。  資産運用の一つに、個人年金保険があります。  国がやっている国民年金、それとサラリーマンであれば厚生年金、これだけでは心モトない、老後苦労したくないと思う人が、個人で年金を積み立てていくのが保険会社で入れるこの個人年金保険ですね。  これは例えば毎月1万円の掛け金で、いくつまで支払って、いくつから年金開始にするかなどを自分で選べます。  その際、一括でお金を貰うことも可能です。  つまり、毎年40万円貰う、それが10年確定しているという商品であれば、40万を10年貰い続けるか、その時少しばかりの手数料を支払って400万+利子を一気に受け取るか、を選べるということですね。  30代くらいまでなら、そんなに支払いがきついこともないでしょう。  しっかりと資産は増えますし、途中で被保険者が亡くなってしまってもそれまでの積み立てが遺族に支払われます。  ただし、結構な年齢であるなら、相談センターへ行ってFPに相談してみることを勧めます。  モトをとることに必死になるあまり、月の支払いが苦しいなどでは本末転倒ですからね。”