個人年金保険の給付期間について相談

標準

保険には様々な種類がありますが、最近の主流となっているのは年金保険です。 特に、個人年金保険に関心を持つ人が増えています。 数多くの保険会社が取り扱っているものなので、どの保険に加入するかは慎重に比較して決める必要があります。 表面的な情報に踊らされて加入を決めてしまうと、後になって失敗したと感じる場合が出てきます。 自分自身で判断するのが困難だと思う人は、個人年金保険に詳しい知人や専門家に、事前の相談をしておくと安心することができます。

個人年金保険の特徴は、いくつかあります。 まず、契約の時点で確定する年金額で、将来の計画を立てるのが容易になります。 また、年金の開始年齢・年金の支払期間については自由に選択することができます。 そして、一般的な保険と異なる大きなメリットとして、事前の告知をする必要がありませんし、医師による審査も不要とされています。 保険料の控除、配当金、さらには契約者貸し付け制度を利用することもできます。

個人年金保険について考える場合、とりわけ大切になるのは給付期間に関する事項です。 一般的に、個人年金保険の給付期間は10年間というのが最も多いです。 世帯主であるか、配偶者であるかによって違いは生じません。 これは、個人年金保険の目的が、60歳で定年退職した後、年金の支給が開始される65歳までの期間を埋めるためであることが関係しています。 給付期間に関して不明な点は、専門家に相談することが大切です。